スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パグ、ただ今。。。の巻

P1015540.jpg

パグ行きつけの公園へ。

P1015519.jpg

久しぶりに来たとあってパグのテンションはUP

P1015513.jpg

さらに偶然、お友達に会えて

P1015522.jpg

U P ↑

と、ここまでは良かったのですが

少しハシャギ過ぎて軽い腰痛を再発 (>_<)

DSC_0568.jpg

次の日、病院にて診察

先天性のこともあり、毎月行うレーザー治療と

痛みを早く取ってもらいたいので

注射をしてもらうコトに。

DSC_0314_2015062311205492c.jpg

パグ、ただ今療養中。。。

食欲は相変わらずの食いしん坊なのでご心配なく~(*^^)



ポチッ

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ


que sera sera*
スポンサーサイト

パグの回復。の巻

少し前のコト

わが家の息子、右目を負傷してしまい

少しの間療養中でした。

主人の応急処置と病院への素早い対応で

幸い、大事には至らず

3つの点眼薬のみを1日に何度かさし

P1013674.jpg

念のためパラボラをつけて、安静にしておりました。

点眼を普段から慣らしているコトもあって

嫌がらずにさすコトができ、早い回復。

パラボラからも卒業し、現在

DSC_0340.jpg

クーラーの効いた涼しいお部屋で

ご覧の通り。

お散歩の再開もしております(*^^)v



ポチッ

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ


que sera sera*

パグ、退院しました。の巻

蒸し暑い日が連日と続いておりますが皆さまお変わりないでしょうか?
じつは先週の月曜から4日間、ドバイは入院しておりました。
今現在は無事に退院しており、普段通り元気に過ごしています。
今日は、その時の過程など記録として残しておきますので
不快な思い、苦手な方はスルーして下さいね。
----------------------------------------------------------------------------------

6/17(月)
12:30 昼食を取る(いつものフード)

14:30 便意を催しトイレへ → 少々軟便

14:40 またも便意を催す → 粘膜のある軟便

15:00 お水を飲む
      その後2回ほど便をするが、徐々に下痢(液状)となる
      元気がなくなり、歩行困難(便が漏れる)
      体に触れると体温が高く少し呼吸が乱れている 
      下半身に小さな震え
      意識ははっきりとしていて呼びかけに応じる
      歯茎にチアノーゼの反応無し

15:30 病院での受診を判断 (便を持参)
    ◆ 体重→正常/熱→39.2℃ (普段の体温より高く発熱)
    ◆ レントゲン検査(3方向)
       ・異物(誤飲)は見られない
       ・大腸に親指先ほどの便のかたまり
       ・検査中に下痢
    ◆ 顕微鏡検査 → 寄生虫の卵は見られない
    ◆ パルボウイルス検査 → 異常なし

    大腸炎と診断

     自宅からの通院は症状からみて困難と判断し4日間の入院
     <入院の際行う検査・治療>
      ※ CBC/血液生化学/エコー/便PCR外部委託検査等/点滴
        (ウイルス性、細菌性、急性、慢性などに応じて治療が変わる)

6/18(火)
14:30 電話での状態確認(興奮して治療に支障をきたさない為に面会中止)
      ・食事は与えず、お水のみ
      ・便は出ておらず、下痢は止まる
      ・体温を計ったところ、体温計にうっすらとピンク色の血便(液状)
      ・元気はあるとの事

6/19(水)
15:00 面会(10分ほど)
      ・とっても元気で興奮状態
      ・食事もたくさん食べているとの事

6/20(木)
12:30 退院
      ・便ありの報告→8cmと5cmほど(少し軟便ではあるが自宅に帰ることは問題なし)
      ・今後は通院と自宅療養
      ・整腸剤と抗生剤の服用
      ・自宅に帰り便→形、色など正常
      ・1週間後診察・外部委託検査報告
    <入院費・治療費等>
      ¥100,863(総額)
      ¥ 70,604(保険適用額)
      ¥ 30,259(自己負担額) 
以上


退院してからのドバイの様子です。

P1012517.jpg

入院中はぐっすりと眠れなかったようで
自宅に帰ると安心したのかすぐに寝ておりました。
退院後の体の方ですが、食欲もいつも通りに戻り
便にも現在異常はみられず、とても元気に過ごしております。
今回は意識がはっきりとしていた事もあり、回復の方も早かったように思います。
そして、何より自宅に帰れたことが本人は相当嬉しかったようで
帰るなり飛んだり跳ねたりパグ走り。。。
私達2人で 「 安静に~~!! 」 とパグに言い聞かせておりました(^_^;)

バザーオフ会への参加も主人と話し合った結果
ドバイの調子も良さそうですので通常通り参加させて頂く予定でございます。
あまり無理はせず、皆さまより少し早めの帰宅となってしまうかもしれませんが
わが家の元気なパグを見かけた際はどうぞお声掛け下さいね♪
たくさんのパグちゃんにお逢い出来るのを楽しみにしております(^^♪☆


ポチッ

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

パグともう一つの夏休み。の巻

朝夕と少し涼しさを感じる9月になりました。
楽しかった旅行記事が終わりましたが、私達にはもう一つの夏休みがありました。

本格的に暑い夏が始まった8月
ドバイの体に突然異変が起こりました。
抱き上げると鳴いて痛がる、ちょっとした段差も上らない、つかまり立ちをしない
何か様子おかしい事に気がついた私達はすぐさま病院へと行きました。

診断は膝蓋骨内方脱臼 ・ ヘルニアからくる神経痛
ドバイの場合、骨に先天性の原因がある為、前々から担当医に起こりうる病状と説明は受けておりました。

1週間目 毎日の注射とレーザー治療
2週間目 投薬とレーザー治療を続け
3週間目 通院の甲斐あってようやく内服薬のみとなりました。

今も尚、通院中ではありますがようやく軽い散歩も許可され
抱き上げると痛がっていた症状なども治まり、今では抱っこをせがんで来る場面も。
1ヶ月が経ち病状は落ち着き、血液検査では良好と見た目は以前と変わりない様子で元気でおりますが
今後も定期的に続けて治療は行っていく方向です。

絶対安静を受けていたドバイは出掛けるコトも散歩さえも出来ず
私達の8月は自宅療養のみとなってしまいましたが
そんな中でも嬉しい出来事もありました。

前々からドバイに何かもっと出来る事はないか
共に暮らす中でもっと知識をつけたいと思っていた私は勉強を始め
4ヶ月のカリキュラムを経てこの度、資格を取得する事が出来ました。


01_20120905101405.jpg

※氏名欄は削除しています
ペット看護士(犬・猫)
ペットセラピスト

犬・猫の歴史から始まり、特徴、性格
健康に関する基礎知識、伝染病
応急処置、食事療法と健康管理
しつけ、問題行動と対処法、ストレス
グルーミング、マッサージ、アロマセラピー

などの知識を学び、カリキュラム終了後に試験を受け
資格認定証を頂きました。

合否は1ヶ月後と言うこともあり7月に試験を受けていた私は
ドバイの自宅療養、通院での診察や治療法で随分と役に立ちました。
(担当医に突っ込んだ疑問点、相談、病状の把握などが出来る)

と、長かった私達の8月もようやく終わり
そして・・・今現在のドバイはと言いますと


0_20120905104122.jpg



パパの手の中で スヤスヤとお休みしております。
涼しくなった10月あたりに またお出掛けしましょうね。 終


ポチッ

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ


que sera sera*

近況報告。


*** は じ め に ***

今回の記事は少し長文となりますがご了承下さいませ。




ドバイが緊急入院し、明日で1週間が経とうとしています。

突然の出来事で、頭の中が混乱しておりましたが

気持ちの方も少しずつですが落ち着いて来ましたので、状況・近況報告をさせて頂きます。



2/5(日) PM3:00頃

いつもの公園に散歩へ来ていました。
ドバイはいつもの様にパパと駆けっこやボール遊びを楽しんでおりました。
園内を半周ほどした時、突然ドバイが嘔吐。
そのまま、その場へと座り込んでしまいました。
よだれの量が少し多いなと感じた私は、もしや!と思い歯茎の色を確認。
歯茎の色は蒼白になり、ショック症状を引き起こしていました。
異常事態を感じた私は呼吸を確認。
呼吸は困難な状態あり、すぐさまその場で気道確保の為、応急処置を取りました。
それから、急いでドバイを車へと運び、病院へ。
その時の記憶は曖昧なのと恐怖で覚えていません。

病院へ到着するとドバイは瀕死の状態で
ただちにICUへと入れられました。
かなり危険な状態で、体も動かせず検査等はその場では行われず
急変があった場合の蘇生措置の確認がありました。
それから、担当医師にその時の状況を詳しく説明し緊急入院へと至りました。


検査等の報告

ご存知の方もいらっしゃると思いますが
ドバイは1年前の2月にも同様の症状で緊急入院しています。
その時の検査結果で、肝機能障害がある事が分かっております。
今回の原因もその障害に何かの要因が加わりショック症状を
引き起こしたものではないかと説明がありました。
1年前ではシャンプー後に湯冷めの状態が重なり引き起こされたものでした。

肝臓は物言わぬ臓器とも言いますが
数値が安定していても、何らかの要因が加わり爆発
(今回の要因として考えられるのは、気温や走ったことなど)
このような症状が突発的に起きたと考えられるようです。
私達もドバイの肝機能障害に対して発覚後は随分と食事・治療・通院を行って来た事
だったのでかなりショックを受けました。


近況報告

今現在、ドバイの状態ですが
点滴を毎日と受け、ICUボックスにいるものの随分と落ち着いています。
2日目からは、少しずつお水を飲むようになり
3日目からふやかしたフードも食べられる様になりました。
面会時、訪れた私達の顔が見えると
ボックスをカリカリ、鳴き声も出す様にもなりました。
見た目では普段と変わりない様に感じるのですが
数値の方が落ち着いておらず、測定不能のヶ所もある状態で
担当医師からもいつ退院出来るかとハッキリした事は言えない状況が現在あります。


* * * * *

長文となってしまいましたが
今も尚、このような状況で心がザワザワしております。
何度も胸が押し潰されそうになり、涙が溢れそうになりましたが
瀕死の状態からここまでドバイは回復しました。
生きようとする力をドバイの瞳の奥からとても感じました。
なので、私も今の悲しみはドバイが退院した時、嬉し涙として流すと決めています。
そして、ご訪問・コメントを下さった皆様
励ましのお言葉を掛けて下さり、本当にありがとうございました。
お電話やメール、お見舞いのお手紙を下さった方達もおりました。
私の代わりに涙してくれた方もおりました。
皆さん、本当に本当にありがとうございました!!
私達は皆様の励ましや、お気遣いを下さるお言葉に支えられております。
最後になりますが、記録として撮影したドバイの近況写真をUP致します。


0.jpg


帰りたくてお水のボウルをひっくり返しております。
ドバイらしさが戻ってきたかのな。。。


コメント等へのお返事が出来ないことが多くなるかと思いますが
どうぞ勝手をお許し下さいませ。
私も出来る限りドバイの近況報告をしていきたいと思っておりますので
温かい目で見守っていただけると幸いに存じます。


ドバママより


にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
profile

 ドバママ

Author: ドバママ
      神奈川県在住
     このブログの書き手
     写真とBuhi が大好き
     時々 hand made 
   
   ・ ペット看護士資格取得
   ・ ペットセラピスト資格取得
   
  *.....*.....*.....*.....*.....*      
     
     長男: ドバイ
     2010年3月1日生
     パグ( フォーン )
     < 好きな物 >
      ボーロ・芝生・桃
      ガジガジできるもの
     < 苦手な事 >
      車に乗ること
      女の子へのアピール
     ( 草食系男子 )
    
     内弁慶のビビリ屋さん
    何かとパパに助けを求める
   食に関してはモンスター化する

calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
BlogMura
ポチッ にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ
article
comment
category
archive
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

link
このブログをリンクに追加する
QR
QR
ブログパーツ
make friends with

この人とブロともになる

facebook
『 いいね!』 をポチっと☆


D-cloth*
パグ服販売はこちら♪
que sera sera*
que sera sera*
   写真ブログにリンクします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。